山猫さんのTW冒険記

アクセスカウンタ

zoom RSS ピン日記番外編  『走り出すために』

<<   作成日時 : 2008/06/09 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像私の名前は猫にゃん。どこからどう見ても猫?です。帽子とマントを身に着けています。鋭い目つきをしていますが、誰かをにらんでいるわけではありません。生まれつきです。イスピン様が私のご主人様です。いつも帽子を気にかけていて、防御力をとても大切にしています。

ある時イスピン様は大変機嫌が良かったのです。







画像ねぇ 猫にゃん!
これから僕にはきっと素晴らしい未来が開けると思うんだ!
貧乏生活にも別れを告げて、ポット代に困らなくなったり、欲しいものが手に入ったり、
前へ進んでいける、そういうきっかけを掴むことができたんだよ!
ねぇ 猫にゃん 君もそう思うだろう?










うれしそうに語るイスピン様へ私は、『私もそう思います。きっとこれからもいいことがあると思いますよ』と答えました。

その出来事は、数日前にさかのぼります。




☆ ☆ ☆ ☆ ☆





画像ねぇ 猫にゃん
僕は長い、長い道のりを歩いて、ずいぶん回り道もしてきた
でも、僕が思い描いていた目標、それは次のスタート地点でもあるんだけど、それが目の前に迫ってきたんだ
それが何か分かるかい?











穏やかに語るイスピン様。私はそれが何か感づいていていましたが、話を続けようとするイスピン様を思い、『どのようなことでしょうか?』と答えました。






画像200レベルだよ!
新しい服装にもなれるし、そこには新しい世界が待っているんだよ!
それは、とても素晴らしいものなのさ!












うれしそうに語るイスピン様を見て、私もご主人様と同じように心が温かくなって






画像200になったら僕は青い服に替えるんだ。青いっていうか、蒼い?
かばんの中で寝起きするのは厳しいけど、大きなはさみを持ってお庭を手入れしたりするのは素敵なことさ♪
ああ、あとバイクに乗って、銃をいっぱい持って旅をするのもいいなぁ
いろんな国を見て回るのはきっと楽しいよ!
”僕”だし、きっと違和感なく楽しめるさ♪
ねぇ そう思わないかい?











いきませんでした。
いったい何をおっしゃているのでしょうか・・・
時々私はご主人様の思考についていけなくなるときがあります。

そしてご主人様は





画像だから猫にゃん!
まずは箱を開けよう!!














遠くの世界へ旅立とうとしていました。
話に全くつながりがありません・・・
私の伸ばされた手はご主人様に届く日がくるのでしょうか・・・?

そうこうしている間にも上からいっぱい物が降ってきます





画像何が出るかな? ♪
何が出るかな? ♪











画像どーん!!











画像なんか出た!!
こ これって・・












画像クロエリュックじゃないですか!













画像どうだい?猫にゃん
これが僕の実力というものなんだよ!

ふふふ・・・












『単なる運です』などとはおくびにも出さず、
ふわふわのピンクブロンドに愛くるしい顔をしたそのリュックへ、
私が『なかなかかわいらしいものですね』と感想を述べました。
するとご主人様は





画像なんかむかつく
ふわふわのピンクブロンドで”魔女っ子仕様”なんて、あんなお嬢には似合わないよ
それは同じ体型の悩みを抱える虚無の魔法使いのものであって、決してあんな”ボン!キュッ!パーン!”なヤツのためのものじゃないんだ!
別にひがんでいる訳じゃないんだからね!
いつか僕だって・・・










また訳の分からないことを言い出しました。
何かのスイッチが勝手に押されてしまった様子です。

『仕える主人を間違えたようです』

などと言う事はありません。
私は忠犬ならぬ、忠猫?です。
そして、





画像このリュック、最高品質の生地を使った服着てるじゃないか
こっちは国を追われてから一張羅だっていうのに・・
うっ 下着までいい生地使ってる・・・
こんなの売り払ってしまおうよ
そうすれば・・・















訳の分からない迷走を続けたご主人様に、私は『きっといいことがあると思いますよ』と答えたのでした。



☆  ☆  ☆  ☆  ☆  


ある時ご主人様はいきなり叫びだしました





画像これからはADの時代さ!
ADといっても、テレビ局の関係者のことじゃないよ!
”あぁ!エラーがひどくてすぐ落ちるんだよ!こん畜生!!フィールドの先にある、なんだか経験値とレアがうまくてうっはうはー ダンジョン”このことさ!











相変わらずのご様子です。もはや慣れっこですが・・・
『ずいぶん強い敵が出る場所とのうわさです。準備は整っていらっしゃいますか?』
僭越ながら私が訪ねると、






画像一気にレベルも上がっちゃって、すごいレアとか出ちゃって、うっはうは〜な感じになっちゃって!
きゃ〜 どうしよう♪













って、聞いてないですね・・・
トリップするのは勝手ですが、まずは足元を見て欲しいものです。
そしてご主人様は





画像じゃ、行ってくるね〜♪














と、軽い口調で言った後、





画像ふっ!
今日はこの辺でかんべんしておいてやるさ!













町まで瞬間移動してきたのでした





画像なにさっ!
ちょっと攻撃力があって、ちょっと体力があって、ちょっと避けちゃって、ちょ〜っと硬いだけなのに、いい気になって!!
あんなヤツらハゲちゃえばいいのに!
っていうか、ハゲろ!












負け惜しみの方向性が異世界のベクトルへと向かっています

○ワイト○ースの似非艦長のように
『修正してやる!!』





画像・・・ !
父さんにだって殴られたことないのに!!













という想像が頭をめぐり・・・

はっ!

まさか私までが毒されようとは・・・
気を引き締めなくてはいけません

するとご主人様は淡々と語りだしました





画像DEFが DEFが足らないんだ・・・
こんなのじゃいけない
僕には輝かしい未来がきっと待っているんだ・・・
やれることはやらないとね・・・
だから、









ああ・・
やっとまともなご主人様になってくれた!
そう思った私は





画像アイスでも食べながら露天めぐりでして、なんだかのんびりまったりした後、倉庫に溜まっているいつぞやのイベントでいっぱい出てきたショートケーキも何とかしないとな〜
む ケーキがいっぱい? 今第2の戦いが幕を開けようとしている! 
これって聖戦?












前言撤回したのでした

(こんなに食べたらきっと太・・・)
(でもそれは体のきっと体のある部分にだけついちゃう予定で・・・)

なにやらぶつぶつとしゃべりながら、自分の倉庫をがさごそとあさっていたご主人様は、





画像おや 倉庫にこんなものが・・
この手も残っていたか












何か前向きに行動を起こして、いたらいいなぁ と私が思いながら見つめる中





画像ハイプレートに合成が残っているんだ!
”魔防クエスト”を通した逸品をさらに硬くして、僕は更なる高みへ向かう!!
+3以外は認めない!そんなのは僕じゃない! 
僕は”至硬”への階段を上っていくんだ!!
さあ出動!今週のびっくりドッキリメカ!”弾性ローション”!いつも変換すると”男性ローション”とか出てきてなんだか気持ち悪いあん畜生がポチッとな!!













ご主人様はボタンを押した後





画像なんで必殺技のボタンの隣にはいつも”自爆スイッチ”があるんだろうね・・・















訳の分からない言葉を言いながら、
”−3”というジョーカーを引き当てました・・・

 



画像バ○ァリンの10分の1でもやさしさがあるなら、今の僕をそっとしておいておくれ・・・・・・














ダークサイドへと落ち行くご主人様
大切にしていたものを自分の手で壊してしまった瞬間
その気持ちはいかばかりのものなのでしょうか・・・

そして私は、『まあ一晩寝れば忘れてるでしょう。この人もネコ型な人ですしねぇ』とか思ったり、思わなかったりしながら、待ち続けたのです




☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 



そして、あくる日 ご主人様は





画像いつまでも泣いてなんていられない!
装備を貸してくれている人には申し訳ないけど、僕は斬り型へ転向する!
更なるDEFの強化を行った後、いい気になってたあいつらを、ちぎっては投げ、ちぎっては投げ、油性マジックで額に”肉”の文字を入れた、とどめにつるっぱげにしてやるのさ!!









やや傾いた方向へ向かって、復活してくれたようでした





画像そして、今まで僕のある種の自己満足を支えてくれた君にもお別れだ・・・













画像











そして鎧の魔法防御はマジックルーレットの彼方に吸い込まれていきました

ステータスの調整も終え、新たな武器も借り受け、ご主人様は新たなる一歩を踏み出そうとしています
それはとてもさわやかに





画像じゃぁ 逝ってくるよ!














間違った方向へと・・・

ダンジョンの中ではご主人様の声が響き渡ります





画像ふ!
効かないよ そんな攻撃は!!
この前は散々やってくれたな こん畜生!
ひゃっほう!額に肉書く5分前!!










”連”が半分しか当たっていない上、回復キーは押しっぱなし、見た目はただぼこぼこに殴れているようにしか見えず、敵の塊を倒すのに本当に5分くらいかけてるとしか思えないこの状況を別とすれば、
台詞の半分上の部分にだけ、『そうっすね』と明るく答えることもできようものなのに。

すごい勢いでなくなっていく回復ポット
ご主人様は一旦戦線から離脱します
補充を済ませたご主人様は、先ほどのダンジョンを振り返り





画像久々に張り詰めた緊張感を味わったよ
例えるなら、そう
トリガーに指がかかりっぱなし
そんなスナイパーの心境のようだった








トリガーなら引きっぱなしでしたね。それはも盛大に。回復キーというトリガーを・・・
しかし、このままでは消耗が激しすぎます
自慢ではありませんが、ご主人様は貧乏です
それはもう、貧しいんです いろんなところが

心配そうに見上げた私の顔を見て、ご主人様は





画像お金のことならノープロブレム!
リュックはお嫁にいきましたとさ!
当座のお金に困らないって素敵!
ビューティフルワールド!!
何も心配はいらないのさ!









心配だらけな私に向かって、うれしそうに語りました

ハイテンションとローテンションを繰り返すご主人様は、やっと前へと進みだそうとしていました
いいことばかりではない日常にあって、誰でも決断に迫られる瞬間というものがあります
その決断がマイナスへ進む要素になったとしても、立ち止まってばかりはいられません
自分で歩いていく以外にはないのですから
悪い状況にあっても、その中での最善を探すこと
それこそが最も大切なことなのだと、ご主人様も考えてくださったのでしょう
そう 目標へ向かって、走り出すために

ご主人様は楽しそうに語り続けています
そんなご主人様へ向かって、私はこれ以上ないくらいの笑顔で答えたのです





画像何も考えてなくたって、うまくいくときはうまくいくし、ダメなときはダメっしょ!
そんなことより、200になったら染色!イメチェン!蒼くなってもう最硬!!
ついでに猫にゃんもイメチェンだ!一緒に蒼く塗っちゃおう!ペンキで!
額に”猫”もデフォルト装備!
う なんかかわいいかも!!
ねえ 猫にゃん 君もそう思うだろう?









『仕える主人を間違えたようです』 と。





















画像なんだかもう色々ぐったりな山猫さんがこんばんわです
久しぶりの日記?を付けていたら、なんだかもうえらい長くなってしまいました
ちゃんとしたまで読んでくれたそこの君!サンクス!








今回もオタクネタを色々混ぜ込んでみたわけですけど、一体どれほどの人が反応できるのか、だいぶ不安な今日この頃。
いつもと気分を変えて書いたので、”イスピン”の性格設定が違います。
決して私はいかれたネカマではないのであしからず。番外編ですからね。
そこの白い目で見てる人、本当ですよ!!

最後にいい年してライトノベルまで読んでたりする私の推薦図書として
『キノの旅 −the Beautiful World 』をお勧めします。
短編連作なので、気軽に読めます
しっとりと えぐい シュールなお話が多いです 
興味のある方は読んでみてくださいねー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
やっと更新キター!

>父さんにだって殴られたことないのに!!
ちょっと気になったのでぐぐってみたらこんなのも。
「親父にもぶたれたことないのに!」
どれが正しいかはよくわからんw


あと、前話したときと口調が違いすぎるのは猫視点なため?w
ちょっとこういうノリ期待してまーす(・∀・)へへ
Epi
2008/06/10 18:39
Epiさん
来てくれてサンクス!
私はTWでの私と、ブログでの”私”、”僕”or”俺”を使い分けています。普通に”〜です。〜ます。調”で話す今現状をそのまま書いたのでは、面白みにかけると思ったからです。これからも、生暖かい目で見守っていただければ幸いです。
後、全てのガン○ムファンの皆様へ
しくじった記述は後の戒めとしてそのまま残します。『アレはいいものだぁ!』と言っていただけるようにがんばりますので、『山猫ヤママヤーは死んだ、何故だ!?』>『坊やだからだよ』と”鼻眼鏡”をかけながらささやかないでいただきたく思います
では!
ヤママヤー
2008/06/11 01:35
私の名前は猫にゃん辺りまで読んだよ
ぽじ
2008/06/12 20:50
ぽじさん
”サ○ン○イズ”、”三○目がと○る”のヒロイン・主人公の様に”額に心眼”を持つ私は、コメント欄が記事の一番下についている事の意味を理解しています。つまりはこれからもよろしく、という事ですね♪
ヤママヤー
2008/06/13 02:03
引っ越しして3ヶ月やっとネットが繋げるようになりました。久々に来たら面白いですね〜。今からTWやってきます。
creyon
2008/06/21 14:20
creyonさん
TWは誰でもウェルカム!どんどんゲームを楽しんでください。私はそれを心より応援するものです。
夜に出現するので、今度1:1でも入れてください。一緒に狩でも出かけましょう!
ヤママヤー
2008/06/21 14:56
約束通り来ましたよ(´∀`*)
箱運よすぎー!
ペット同じねこにしたからレア運下さい(..*)
いちご
2008/06/22 20:50
いちごさん
更新は遅いですが、最近の近況をまたまとめるつもりです。箱は運でしかないと思いますが、招き猫という言葉もありますから、きっとその猫が運を運んでくれるでしょう。後、僕の運は上げませんよ^^;
お互いがんばりましょう!
ヤママヤー
2008/06/22 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピン日記番外編  『走り出すために』 山猫さんのTW冒険記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる